新型コロナウイルス感染症にかかる「緊急事態宣言」への対応について

保護者のみなさまには、日ごろから感染予防にご協力いただきまことにありがとうございます。緊急事態宣言の対応についてお知らせいたします。

さて、令和3年8月17日に国において緊急事態措置の実施期間が令和3年9月12日(日)まで延長されました。これに伴い令和3年9月1日(水)~9月12日(日)までの期間において、保護者が仕事を休まれる等で家庭での保育が可能な方のみ、家庭での保育にご協力いただきますようお願い致します。

1.保育料の軽減

家庭保育協力期間(令和3年9月1日~9月12日まで)において、当保育園に登園しない場合は、登園しない日数の保育料を軽減します。

2.健康観察の実施及び感染防止の徹底について

 毎朝、家庭にて体温を測定し熱(37.5度以上)や風邪症状がある場合は、解熱後24時間以上が経過し、症状が改善傾向となるまでお休みをしてください。保育中も同様の症状が見受けられた場合は、速やかにお迎えをお願いする場合があります。ご協力いただきますようお願い致します。

3.新型コロナウイルス感染症が発生した場合ついて

 今後、当保育園において、新型コロナウイルス感染症が発生した場合や濃厚接触者が確認された場合には、関係機関と相談の上、臨時休園を行う場合があります。

4.登園を控えていただく期間におけるアソカ諸費用の軽減について

 緊急事態宣言が発令されている期間に登園していない場合は、その日数の給食費及び保育衛生費、バス代を軽減します。

5.連絡について

 協力して園を休まれる場合は、その旨をお伝えください。

以上

前の記事

園だより 9月号